Sunny side Diary

太陽の下でのんびり,とろーり。

革・布・編み小物を作ったり、フラやタヒチアンダンスを踊ったり、
ベランダで植物を育てたり・・・自分ライフを楽しんでいます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | -
    << とうもろこしごはん | main | 今度は・・・ >>

    つめたいよるに

    0
      最近、朝夕が涼しい・・・というか少し寒くなってきました。
      (住んでいるところが山だということもあると思いますが☆)
      お風呂でゆーっくりとか、髪を乾かす間の雑誌めくりなんかが楽しい時期です。

      かなり前に買って、いろんな友達にすすめたり
      自分自身何度もくり返し読んだ本のなかの一冊。
      いわゆるジャケ買いでしたが、このあと一気に「江國ワールド」へ引き込まれた作品です。

      つめたいよるに (新潮文庫)
      つめたいよるに (新潮文庫)
      江國 香織

      短編集なのですが、そのなかでも「デューク」がおすすめ。
      以前TVドラマ化されたのも観ましたが、何度読んでもいいです。
      この話をアメリカ人の友達に読んで聞かせたところ、(つたない翻訳だったと思いますが・・・(涙))大絶賛でした♪(彼はロマンチストなのでね。)
      これって場合によってはオカルト?かと思っちゃうんだけど、とってもやさしくていい話です。
      「きゅーん」ってきます。

      「桃子」は江國さんのデビュー作品。
      ちょっぴり、夏目漱石氏の「夢十夜」の一編を思い出させるお話でした。
      ニュージーランド人の英会話講師に読んだら(もちろんつたない翻訳で・・・(汗))、「うーん、日本的不気味な話だ〜」という感想をいただきました。
      まぁ、そうなんですけど。(゚-゚)
      がんばって読んだのに!もっと感想ちょうだいよ!
      でも、逆ツッコまれそうだったので大人しくしてしまいました。(爆)
      勇気がなかった当時の私☆


      その他いろいろ入ってます。
      短いお話ばかりなので、ちょびっとずつ読んでいけるのもいいかなと☆
      ”つめたい夜”にぜひ読んでいただきたい。
      そんな短編集です。
      Book | permalink | comments(3) | trackbacks(1) | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | -

        この記事に対するコメント

        私も江國さんの小説好きです!
        デューク、たぶん今読んだらきっと泣いちゃう。
        去年亡くしたシェリーを思い出して。

        江國さんの小説では「流しのしたの骨」が好きだな〜

        cherie | 2007/09/12 8:53 PM
        cherieさん

        「流しのしたの骨」好きなんだ。
        私は「神様のボート」かなぁ〜。

        「デューク」は、私も泣いちゃいます(>_<)
        shiho210 | 2007/09/13 7:03 AM
        こんにちは。同じ本の感想記事を
        トラックバックさせていただきました。
        この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
        お気軽にどうぞ。
        藍色 | 2010/09/27 9:57 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://shiney-smile.jugem.jp/trackback/465
        この記事に対するトラックバック
        デュークが死んだ。わたしのデュークが死んでしまった―。たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日乗った電車...
        つめたいよるに 江國香織 | 粋な提案 | 2010/09/27 9:50 AM